「ブランデーのことはわからない、だからこそ高く買い取ってくれるなら売りに出したい」などと思っているのであれば、ブランデー買取りに積極的に出してみるべきです。

その前に、とりあえず自分の所有しているブランデーがどのくらいの価格で売れるのかをチェックしておきましょう。
全ての商品を紹介するのは到底無理なので、ここでは高価買取り商品に注目してピックアップしていきます。

◆レミーマルタン

買取り価格が高いブランデーの代名詞といえば「レミーマルタン」です。
このブランデーの中でも高値がつく商品はたくさんあるのですが、やっぱり「ルイ13世」は無視できません。

さらにその中でも高価買取り商品となるのがブラックパール。
数百万円で売りに出されるルイ13世のブラックパールは、ブランデー買取りに出すと100万円以上で引き取ってくれることもしばしば。
超高級ブランデーなのです。

ルイ13世には他の商品も高値がつきます。
ダイヤモンドは30万円ほど、ベリーオールドは軒並み10万円前後と、やはり高額。
ルイ13世が手元にあるなら、即買い取ってもらうことをおすすめします。

画像出典元:https://www.stock-lab.com/osake-kaitori/brandy/cognac/remymartin/

◆ヘネシー

「ヘネシー」にも高価買取り商品が多数存在。
「ファーストランディング」はとりわけ買取り価格が高額で、特に1868年のものは15万円ほどで買い取る業者もあれば、30万円で買い取るという業者もあります。

「リシャール」も10万円以上の買取りは堅いですね。
「ノスタルジー・ド・バニョレ」は高いところだと20万円近くで買い取ってくれるでしょう。

画像出典元:http://ecostyleginza.seesaa.net/article/317008013.html

◆マーテル

レミーマルタンのルイ13世や一部のヘネシーと比べるとインパクトは弱いものの、「マーテル」も十分高価買取り商品の対象となるブランデーです。

「ロール・ド・ジャン マーテル」は15万円前後、「クエストラ」のバカラや「クラシック・ド・マーテル」のバカラなどは10万円前後で売ることができます。
このあたりはやっぱりバカラボトルの価値でしょうね。
ボトルがバカラだとそれだけで値が上がるのがブランデー買取りの面白いところです。

画像出典元:http://red-bacchus.com/

◆カミュ

「カミュ」の中で最も高い買取り価格がつきそうなのが「キュヴェ 5.150」。
普通に買おうと思ったら50万円以上する代物です。
買い取ってもらうと20万円から25万円くらいが相場ですね。
これはカミュの中でも飛び抜けています。

カミュにもバカラボトルのブランデーがたくさんあって、それらは5万円から7万円の値がつくことが多いでしょう。
「ミシェル」や「ジュビリー」、「トラディション」などがそれにあたります。

ブランデー買取りの場合はボトルにも注目ポイントがあって、また、箱もとても重要です。
四角形の箱か観音開きの箱かでも買取り価格が変わってきますし、替え栓の有無でも価格が上下します。
一度業者に見てもらって価格を聞いてから判断してもいいのではないでしょうか。

画像出典元:http://beer.asahishop.net/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/3943/group/group4/catid/0-102-1750-1752/catno/1752